受験資格が不要な行政書士は独学でも国家試験を受けられます

労働者の安全を守る

ノートとペン

50人以上の従業員が働いている職場には、衛生管理者を置く必要があるのです。衛生管理者は労働者の健康や安全などを管理する職業で、職場にとって欠かせない存在でもあります。労働者の勤怠管理から、災害時などによる安全確保などのサポートまでを行なうのです。衛生管理者になるためには、国家資格を取得する必要があります。受験資格を得るためには、専門学校や大学に行く必要がありますが、衛生管理者の場合、資格だけではなく実務経験も必要になっていくのです。最終学歴によって実務経験の期間は異なり、1年から10年と、幅広い期間になっています。最終学歴が大卒や専門卒の場合は1年の実務経験で、現場で働くことが可能になるのです。高卒や中卒の場合は3年以上の実務経験が必要になります。学歴に関係なく、10年以上実務経験がある場合は、現場で働くことができるのです。衛生管理者の資格には1種と2種があり、働ける環境が異なります。2種の場合、販売業や小売業など比較的安全性が高い環境でしか働けないのです。1種の場合、幅広い職場で働くことが可能になります。1種を取得するためには、4年制大学を卒業する必要があり、幅広い知識を身に付けることが重要になっていくのです。衛生管理者として多くの現場で働きたい人は、1種免許を取得すると良いでしょう。短期大学や専門学校の場合、2種免許しか取得することができないので、目的に合わせて取得することが大切です。